住宅履歴とは?

  1. ホーム
  2. >
  3. 住宅履歴とは?
  4. >
  5. 住宅履歴はなぜ必要?

住宅履歴はなぜ必要?

家、生活の未来のために

【安心】
計画的な維持管理

竣工時の仕様の情報や過去に実施された維持管理の情報が明らかなため、必要な維持管理を計画的かつ効率的に行なうことができます。

じゅうたくん

【快適】
合理的な住宅の保守が
行なえる

リフォームや定期検査を適切に行なわないと、住宅の老朽化・陳腐化が進み、住宅の価値を下がる恐れが出てきます。
住宅履歴情報として建物の図面等が保管されていれば、それらを活用して修繕・改修・リフォームなどの計画を立てることができ、より合理的・経済的にリフォームなどを実施することができます。


【信頼】
透明性の高い住宅が
資産価値を高める

住宅は見た目の美しさも必要ですが、見えない設計やリフォームの経過などが重要になってきます。
住宅履歴によって修繕経過などを修繕工事の図面等で確認できます。設計・施工、維持管理の情報があると住宅の外見だけではなく、中身の情報も透明性があるため住宅の資産価値が適切に評価されます。

【安全】
不意なアクシデントも
怖くない!!

災害時や設備機器の不具合が生じた場合、有効な保証書やそれにまつわる資料がしっかり管理されているので円滑な対応が実施できます。
またリコールなどが発生した場合も迅速な対応を行なうことができます。


住宅履歴とは?
住宅履歴は住まいのカルテ? 住宅履歴はなぜ必要? 豊かな暮らしを支える住宅履歴の輪

TOPへ