住宅事業者の利活用

  1. ホーム
  2. >
  3. 住宅事業者の利活用

住宅事業者の利活用

設計から工事中とアフターメンテナンスでの情報活用により、業務ムダを解消し、効率化による経費の節減と受注機会の増加を目指します。

工務店、住宅ビルダー、建材流通、FC本部などの新築住宅事業者

利活用の目的
  • 設計、工事などの進捗管理、社内情報共有ツールとして
  • 顧客管理、工事履歴管理など、自社情報の一元管理ツールとして
  • 長期優良住宅、または補助事業等による住宅履歴情報の蓄積・管理ツールとして
  • フランチャイズ、ボランタリーチェーン、組合など本部による情報提供・管理ツールとして
  • 流通事業者、保険法人など付加サービスの提供ツールとして
Webツールの説明図

詳細はこちら



リフォーム、大規模修繕事業者

利活用の目的
  • 設計、工事などの進捗管理、社内情報共有ツールとして
  • 顧客管理、工事履歴管理など、自社情報の一元管理ツールとして
  • 顧客への情報提供、コミニュケーションツールとして
  • アフターメンテナンス計画・実施状況管理、リフォーム営業の支援ツールとして
住宅履歴管理システムの説明図

詳細はこちら

TOPへ